最低賃金958円の東京!高収入バイトでサクッと稼ごう♩

時給相場の高い東京♩

ほかの地域と比べて、時給相場の高いことが魅力の東京。東京の通勤圏内に住んでいる、またはこれから東京に進学しようとしているなら、バイトを探すなら東京がおすすめです。

東京の最低賃金は、2017年10月1日から958円にまで引き上げられています。ちなみに、同じく2017年10月1日現在の最低賃金は、神奈川県の場合は956円、埼玉県は871円、千葉県は868円、茨城県は796円。

こうして実際に最低賃金を比べてみると、東京の時給のよさがよくわかりますよね。

私は東京の中でも時給水準が低い足立区生まれなので、高校生のときはたいして稼ぐことはできませんでした。けれど、大学に進学して都心に通学するようになってからは、よりよい時給で効率よく働くことができました♩

そこで今回は、東京でも特に高い時給でおすすめのバイトをタイプ別にご紹介していきますね。

高時給なら短期・単発のバイトがねらい目!

手っ取り早く稼ぎたい!すぐにまとまったお金がほしい!という方には、短期・単発のバイトがねらい目です。

年末年始や夏と冬のボーナス時期、年度末などの繁忙期だけ1か月~3か月働くバイトや、イベントスタッフなどの単発バイトは、安定収入にはつながりませんが時給が2~3割高く設定されていることが多くなっています。

そのため、長期休みの遊び代稼ぎやダブルワークにもおすすめです。

短期・単発バイトはたいてい、派遣会社に登録した上で行います。

すぐにバイトを始める予定がなくても、とりあえず1度登録しておけば、いつでも好きな時には働けますよ。

それではさっそく、具体的にどんな仕事があるのかを見ていきましょう。

都内で行われるイベントや展示会場を作るバイトは、1日だけでも1か月だけでもOK。

働いた分だけ日払いでお給料をもらえるので、急な出費があるときにも助かります。

展示台や仕切りの壁を組み立てたり、テーブルやイスを配置したりという、誰にでも気軽にできる会場の設営作業で、日給相場は1万円前後となります。

ある程度の体力は必要ですが、身体を動かすことが好きなら向いていると思いますよ。

服装はもちろんのこと、髪色や髪型、ネイル、ピアスも自由なので、ファッションを変えたくない方にもおすすめです。

イベントや展示会といえば、受付や案内スタッフの仕事もあります。

こちらも接客が好きならおすすめです。服装、髪色にある程度の制限がありますし、また会場の設営よりも日給にすると低く時給にするとだいたい1,000円~1,200円程度ですが、楽しく働けますよ。

私も以前、幕張展示場で企業による商品展示会の受付バイトをしたことがあります。

休憩時間には普段は目にすることのない、おもしろい商品をいろいろと見ることができましたし、日給もかなりよかったので、一石二鳥でした。

普段は学校があったので、飲食店で早朝にだけバイトをしていました。

でも、長期休みの間は日中もかなり時間が取れたので、登録していた派遣会社からこの単発バイトを紹介してもらったのです。

フェスやライブが好きなら、そうした運営に関わるバイトもあります。仕事の内容は、舞台のセット作りやグッズ販売、列整理、チケットもぎり、出演者への食事出しなど。日給相場は1万~2万7000円で、午前のみ、午後のみ、土日祝のみという働き方も可能です。

実際にフェスやライブ会場で働いたという人の感想を見てみると、

「なかなかチケットを取るのが難しいライブなんかもあって面白かったけど、忙しすぎてけっこうキツかった。」

「たまたま態度の悪い客ばかりだったからストレスはたまったけど、日給がよかったからまたやろうかな。」

など、大変な面ももちろんたくさんあるようです。けれど、非日常の経験をしたい人や、短期間でしっかり稼ぎたい人には向いています。

1人で黙々と作業することが好きなら、アパレル商品などにシールをひたすら貼っていくという仕事もありますよ。週1~6日まで自由にシフトを組むことができ、平日のみ、土日のみでも可能です。時給平均は1,000円~1,250円くらい。

こちらは、「好きな雑貨に囲まれて仕事ができて幸せ!」という口コミを多く見かけます。ですから、自分の興味がある商品を扱う職場を探すことがポイントになるかもしれませんね。

ほかにも衆議院選出口調査や、選挙スタッフなど、その時期に応じたおもしろい短期・単発バイトがいろいろとあるので、詳しくはバイト情報サイトをぜひ検索してみてください!

高校生OKのおすすめバイト

これからバイトデビューしょうとしている高校生なら、コンビニや飲食店チェーンがおすすめ。

マニュアル完備で、仕事をていねいに教えてくれる店が多いのが特徴です。バイト初心者でも、すぐに慣れることができます。

スタッフにも高校生が多いので、友達もできやすいですし、人と接することが好きならきっと楽しく働くことができますよ

わたしも初めてのバイトはファミレスでしたが、高校の部活のような感覚で和気あいあいと働けたことを覚えています。時給はさほど高くはありませんが、学業や部活と両立させたい人には都合のよいバイトです。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」など、お客さんに対して大きな声をかけることが恥ずかしいと感じるタイプなら、工場の仕事もおすすめです。

ラインなどで商品をパック詰めしたり、検品したりする仕事なので内気な人でも気軽に始められます。作業内容は単純作業なのでかんたんな上、時給は1,000円前後と飲食店やコンビニよりも高いくらいなのですよ。

学校帰りに食品工場でバイトしている友人は、「黙々と作業できるから、手を動かしつつも頭の中では授業で習ったことを思い出して復習できている」と言っていました。

仕事に慣れれば、勤務時間を有効活用できそうですよ。

新宿や渋谷、原宿など、人が多く集まるところでは必ずといっていいほど見かける、ティッシュやコスメのサンプルなどを配るバイト。

あの仕事も実は高校生でもできる上、時給も1,200円~1,500円と高めなのです。

勤務期間も1日から数か月まで自由に決められ、時間も1日3時間からでOKです。

こちらはほとんど派遣の仕事となるので、1度登録会に出向く必要があります。登録さえしておけば、あとは空いている時間に都合のよい案件を見つけてエントリーするだけです。

主婦におすすめのオフィスワーク

子育て中の主婦でしたら、保育園や学校の行事などにも融通をきかせられて、土日祝日もしっかり休めるバイトがいいですよね。

データ入力や事務補佐の仕事なら、平日のみ週3~5日で働けるところが多く時給も1,100円~2,000円と高めです。

オフィスワークというと、事務未経験だったりブランクが空いてしまっていたりする場合には難しいと思うかもしれません。

けれど、私も未経験の主婦でしたが、マンション管理会社で事務補佐のバイトをすることができました。

1ヶ月のうちで忙しい期間と暇な期間が明確に分かれている仕事だったので、計画を立てやすいため残業することはなく、働きやすかったです。

子どもを保育園に預けていたのですが、オフィス自体が土日休みでしたし、平日もきっちり15時には上がらせてもらえたのでラクでした。

もちろん、扶養の範囲内で働けていましたよ。

自分に合ったバイトを見つけてくださいね♩

今回は時給平均が高い東京のバイトの中でも、特におすすめの仕事をご紹介してきました。

興味のあるバイトはありましたか?

パート・アルバイトの情報サイトや派遣会社の公式サイトを見ていると、いままで考えもしなかった、面白そうなバイトを発見できるかもしれません。

これから東京でバイトをしようとしているなら、ぜひいろいろなサイトをみて比較検討してくださいね。

-----------筆者プロフィール-----------------------------------------------------------------------------------

ハンドルネーム:wasante

高校時代はコンビニやファミレスでバイトしていました。

学生時代は料理や食べることが大好きだったので、タイ料理やペルー料理、割烹料理など、いろいろな飲食店で働いていました。

飲食店のバイトは体力的に疲れるので、結婚してからは専門学校のコールセンターや塾講師、事務補佐など、座ってできるバイトばかりです。

いまハマっているのは、パン作りです。

3人の子どもを育てていて毎日目まぐるしい生活をしていますが、パンを作っていると心を無にして精神統一(?)することができます♩

わざわざご訪問ありがとうございます!

知りたかった情報を、こちらで見つけていただけたら幸いです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

当ブログではアルバイト経験豊富な筆者が集まりオムニバス形式でリアルな実体験を綴っています。