平日の昼間だけじゃない!土日や夕方から働ける事務のバイトとは?

最近では、働き手不足からかあちこちでバイト募集の貼り紙や求人を見掛けることがあります。

しかし募集の多くは販売や製造、介護職などで、事務のバイトはあまりありません。

平日の昼間の時間帯のバイトは長期的に働く人が多く、なかなか求人も出にくいのです。

しかし平日の昼間や週末のお休みこだわらなければ、意外と事務のバイト求人はあるもの。

バイトで事務を経験した筆者が、事務にこだわりたい人のために、求人の出やすい事務のバイトについて解説していきたいと思います。

バイトで事務の求人が出るタイミング

どのようなタイミングで事務のバイトの求人は出るのでしょうか。

正社員が辞める時には引継ぎが必要なことが多いので、また正社員を募集することが多いです。

そのため、今いるバイトの人が辞めるタイミングや、派遣社員の期間満了時、なかなか次の正社員が見つからない時のつなぎなどの時に募集がかかることがあります。

高校生や大学生など、新卒の入社する4月のタイミングはバイトの事務を募集する必要もなく、事務のバイトはなかなか出ません。

なので事務のバイトを区切り良く4月から始めようと探すのは難しいかもしれません。

バイトでも事務で働きたいと思う理由

バイトの求人は他の職種では沢山募集されています。

なぜ事務のバイトにこだわるのでしょうか。

それは今まで事務の経験がある人には経験を活かせるからでしょう。

仕事の流れなどもつかみやすいので、スムーズに仕事を覚えることが出来るからです。

また、体力的にきつい仕事も少なく、長期間勤めやすく、給料が安定しているのも魅力です。

筆者も様々は業種でバイトを経験しました。

やはり、一番経験の長い事務は会社によって詳細は違いますが、全体の流れとしては共通している部分が多く、慣れるにも時間がかからない分、精神的にも体力的にも負担は少なく、長期続けやすいと思いました。

事務の仕事って昼間だけじゃないの?

バイトで事務をしていると聞くと、平日の昼間に働いている印象を持ちませんか?

実は事務の仕事、平日の昼間だけではありません。

平日の昼間に働けて、週末休めるから事務がいいの!と言う人は沢山います。

子育て中の主婦や、働ける時間が限られている人などです。

平日の昼間の事務のバイトを狙っている人が沢山いるから、なかなかバイトで事務を見付けるのは大変だと思われがちなのですが、平日の昼間や、週末のお休みにこだわらなければバイトで事務として働くことはできるのです。

昼間にこだわりのない人に狙い目の事務のバイト

昼間以外の事務のバイトにはどのような求人があるのでしょうか。

昼間以外に営業をしていて、かつ事務の人を必要とする業種の具体的な例では、塾や英会話教室など、学校や仕事が終わってから行く場所です。

子どもの少子化が進んでも、塾はあまり減っていません。

最近では仕事で英語を必要とする会社も増えてきたので、英会話教室に通う人も増加しています。

塾や習い事の学校では、生徒のスケジュール管理や月謝の手続きなど、夜でも事務の人がいないと困る事も多いので、夕方から夜にかけての事務のバイトとして狙い目です。

またクロネコヤマトなど運送会社の事務処理スタッフや、食材配達の受注入力なども夕方から夜にかけての事務スタッフを応募しています。

事務のバイトと言うと長期の募集が多いですが、クロネコヤマトなどは、年末年始の繁忙期の短期募集もあるので、短期で事務のバイトを探している人にもオススメです。

バイトで事務の仕事をしたいとき、どのエリアで仕事を探すのか

事務のバイトがしたいとき、やはり求人が沢山出ているエリアで求職をした方がバイトが見つかりやすいです。

どのようなエリアで事務のバイトを探すのが効果的でしょうか。

先程具体的例として挙げた塾などはどのエリアが良いでしょうか。

駿台や早稲田アカデミー、栄光ゼミナールなど大手は、東京や大阪、名古屋などの大きな都市に沢山あるので、塾の多い駅前を狙うといいでしょう。

地方でも塾やカルチャースクールは比較的駅前にあるので、やはり駅前が狙い目です。

配送会社や食材配達の会社は工業団地などに会社があることが多く、事務所もその中です。

駅前と言うよりは車で通勤した方が便利な場所の方が多いでしょう。

事務のバイト、何に気を付けて仕事をするべきか

事務のバイトをするとき、どんなことに気を付けて仕事をしたら良いでしょうか。

まずは服装です。

事務と言っても制服がないことも多く、私服で働く会社も多くあります。

私服だからといって飾り立てても、仕事をする上ではあまり良い印象を与えません。

会社の雰囲気に合うよう、清潔で働きやすい服装が良いでしょう。

来客応対など、会社以外の人とも会う機会は多いので、仕事のある日はネイルも控えめに。

あとは言葉遣いや気配りです。

バイトの事務での会社の一員です。

言葉遣いは丁寧に、周りに気配りを忘れないようにしましょう。

バイトで事務して良かったこと

事務という仕事は会社の中のどんな人とも接点のある仕事です。

バイトで事務をすると、会社内の人と話す機会がたくさんあるので、すぐに会社の雰囲気に馴染むことができます。

シフトで入れ替わる勤務ではないので、同じ顔ぶれと同じ時間で働くことになるので、同僚とも仲良くなることが出来ます。

また事務のバイトは一日の終わりの時間を考えて仕事を終わらせればいいので、時間通りに終わることが出来ます。

他の業種では来客や、タイミングで時間を過ぎてもなかなか帰れないことがあります。

その点、事務の場合はお休みをしなければならないときも、前もって仕事を終わらせることも出来るので、他の人へ迷惑をかけるという心配もあまりありません。

これは筆者個人の感想ですが、人に聞かなくても会社内の人間関係が見えること。

会社の中には時々触れてはいけないこともありますよね。

知らないとついつい人に聞いてしまい、決まずい雰囲気になったりして。

事務の仕事は会社の中でも色々な部署とつながりがあるので、人に聞かなくても社内の人間関係が見えてきます。

事務のバイトで大変だったこと

事務の仕事は人間関係が見えてしまう分、気を遣う業種です。

社内の人と接点がある分、みんなと上手くやっていかないと居づらいので気遣いは大切です。

以前、筆者が働いていたバイト先で噂好きの同僚がいました。

入ってくる情報を噂話で色々な所で話すため、色々なトラブルが起こり大変でした。

個人情報も目にしやすい仕事だけに、噂話が好きな人にはあまりおススメできません。

まとめ

時間や休みよりも事務にこだわってバイトしたい人に向けて、求人が見つかりやすいバイトについて解説してきました。

時間や休みへのこだわりがなければ、事務のバイトは思った以上に求人が出ていることがおわかりになったと思います。

少し時間をずらすことで同じ仕事でも時給が上がったり、通勤ラッシュに巻き込まれなかったりしていいことも沢山あります。

ぜひ、事務のバイトにこだわるなら色々な時間帯で求人を探してみてください。

バイトの事務をお探しならタウンワークやマイナビバイト。

大手のチェーン店の場合はIndeedでの検索も探しやすいです。

また地方での事務のバイトをお探しならハローワークもおすすめ。

エリアや時給、仕事の内容で検索できるハローワークならば、地元の会社の求人もいち早く探すことができます。

 

-----------筆者プロフィール---------------------------------------------------------------------

長野県在住で専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。
・クリーニング店・弁当屋・歩行量調査・理髪店・ショッピングビルのイベント・書店・ケーキ屋・花屋・税務署
・コールセンター・DMの発送・保険会社事務・ポスティング・子供服販売などなど

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。
動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

当ブログではアルバイト経験豊富な筆者が集まりオムニバス形式でリアルな実体験を綴っています。