時間帯が選べるのでダブルワークにもピッタリ!コールセンターのバイトとは?

普段生活をしていて、コールセンターにお世話になる機会のある人も沢山いると思います。

通信販売の注文や商品の問い合わせ、コンサートのチケット申し込みなど、様々な場面でコールセンターが利用されています。

コールセンターの人って、とても親切でなんでもすぐに答えてくれてすごいなぁと思いませんか?

専門化の様に思えるコールセンターの人たち、実は多くがバイトなのです。

専門的な知識が必要不可欠に思えるコールセンターの仕事ですが、未経験の人でもバイト募集が数多く掲載されており、求人数は年々増加傾向にあります。

求人内容を見て驚くのは、その時給の高さや時間帯の働きやすさ。

時間を選べば、本職がある人でもダブルワークが可能です。

実際にコールセンターの様子を目にすることがないことから、辛かったりきつかったりするのでは、と言う噂もあります。

今回はコールセンターでのバイト経験のある筆者が、コールセンターの仕事内容や種類、魅力などを体験を踏まえて詳しく解説していきたいと思います。

コールセンターのバイトには大きくわけて2種類ある

一言にコールセンターの仕事と言ってもすべてが同じ業務をするわけではありません。

お客様からの問い合わせを受けたり、注文を受けたりする受けてになるものと、コールセンター側からお客様に案内する発信する側では立場が異なります。

コールセンターのバイトには大きくわけて2種類の業務があります。

それは「インバウンド(受信)」と「アウトバウンド(発信)」の業務です。

一言で説明するとお客様から電話を受けるのが「インバウンド」で、コールセンターから電話をかけるのが「アウトバウンド」です。

受ける側と発信する側、立場としては正反対の業務だということは見当がつきますが、実際にどのような仕事があるのか、詳しく見ていきましょう。

インバウンド(受信)業務のバイトとは?

多くの人が一般的にコールセンターと聞くと思い描くような業務はインバウンド業務でしょう。

お客様からの商品の受注や、メーカーの製品やサービス内容に対する技術的な相談をしたり、部品の発注を受けたり、お客様からの様々な問い合わせに対応します。

具体的に例を挙げると、ドコモやKDDIなどの契約に関する手続きや問い合わせ、ジャパネットたかたやニッセンなど、通信販売の受注や商品に対する問い合わせの対応などです。

インバウンド業務の特徴はお客様との気持ち的な面での距離が近いこと。

お客様は自分の解決したい問題があって電話をしてきているので、初めて会話をするコールセンターのバイトであっても、問題を解決するためにお客様側の情報も詳細に教えてくれるため、距離が近く感じられます。

問題を解決することが目的なので、解決するための知識や上手に説明するためのスキルが必要になりますが、お客様の役に立てていると実感できるのも特徴です。

アウトバウンド(発信)業務のバイトとは

アウトバウンドは会社の営業活動のための案内や、そのためのアポイントを取るための連絡、市場調査などのテレマーケティングなどの仕事があります。

具体的な例ではセディナなどのカード会社や、保険会社の勧誘や、商品の満足度調査などです。

インバウンド業務とは異なり、営業要素の強いアウトバウンドの業務はコールセンターの中でも求人を見ると時給は高く、時給以外にも成果によって手当が支給されることもあります。

時給の面では優遇されていますが、コールセンター側からいきなり電話を掛けるので、不在時には連絡がつかなかったり、内容を聞かずに切られてしまうことも多く、お客様との距離を縮めることはなかなか難しいです。

ここ数年間でのオレオレ詐欺の爆発的な増加で、顔が見えないコールセンターからの案内は、最後まで話を聞いてもらうだけでも大変になりましたが、営業の要素の濃い仕事になるので、自分の成果が分かりやすく、とてもやりがいがあります。

筆者のコールセンターのバイトはインバウンド(受信)業務でした。

内容も単純なもので学校の合格者の確認作業でした。

お客様から電話を受け、その人が合格者名簿に載っているか載っていないかの結果を伝えるだけだったのですが、お客様には色々な人がいます。

学校についての詳しいことを聞いてくる人や、先生について、仕事として予想していなかった問い合わせが数多くありびっくりしました。

ただ決められたことを案内するだけではなく、もう少し知識を持ってバイトをしたら、もっと幅広く対応できたのではないかと後日振り返りました。

コールセンターのバイトの魅力って?

インバウンドとアウトバウンドの大きく2つの業務に分かれているコールセンターのバイト。

それぞれの良さもありますが、コールセンターのバイトとしてはどのような魅力があるのでしょうか。

コールセンターのバイトは、商品についての知識や受け答えのスキルも必要になるので、それらを必要とする業務の場合には慣れるまでは大変かもしれません。

未経験の人でも採用されやすいコールセンターのバイトは、採用後に研修もあるので全く何もわからないまま電話を受けることはないので心配する必要はありません。

研修を受けてから、お客様の対応をしていく上で、徐々に商品知識も身に付くし、他の人の話し方を参考にしたりして、電話の対応も出来るようになってきます。

学生の時に自分の興味がある会社のコールセンターでバイトをすれば、商品知識をかなり詳しく身に付けることができるので、就職を考えた時にも有利になるでしょう。

電話応対でも社会人になったときに即戦力として対応を任せられるかもしれません。

また時間についても様々な勤務形態が可能です。

日中の仕事でも、夕方から夜にかけての仕事もあります。

アウトバウンドの業務については、お客様が在宅時でないと難しいので、夕方から夜にかけてや、土日祝日でも出来る募集も多く、仕事を持っている人でもダブルワークとしてバイトすることが可能です。

また、自分の声しか相手には伝わらないので、服装や髪型の自由度は高いことが多いです。

時々、会社案内などで同じ制服に身を包んだコールセンターの様子が映し出されることがあります。実際に制服着用の会社もありますが、多くのコールセンターは私服OKで髪型についてもあまり厳しくありません。

コールセンターのバイトの大変なところとは

コールセンターのバイトの求人には短期や短時間のバイトが多くありません。

これは電話での業務でも、一日で完結しないことも多く、引き続きの対応が必要な場合が多いからだと思われます。

週1・2日からOKと書かれていても、実際に採用されやすいのは週4・5日働ける人で、長期間働ける人が優先されるようです。

まとめ

コールセンターのバイトについて詳しい内容と魅力などについて解説してきました。

一言にコールセンターと言っても、電話を発信する側と受信する側があり、それぞれで仕事内容ややりがいが違ってきます。

服装や髪型などの厳しい規則はないものの、社会人としての電話応対のスキルを磨けて、会社の商品知識まで詳しく知ることが出来るコールセンターのバイトは、学生だけではなく、あらゆる世代に魅力的なバイトですよね。

コールセンターで働いてみたい!と思った方はタウンワークやマイナビバイトから自分にあったコールセンターのバイトを検索してみてください。

 

-----------筆者プロフィール-----------------------------------------------------------------------------------

長野県在住で専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。
・クリーニング店・弁当屋・歩行量調査・理髪店・ショッピングビルのイベント・書店・ケーキ屋・花屋・税務署
・コールセンター・DMの発送・保険会社事務・ポスティング・子供服販売などなど

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。
動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

当ブログではアルバイト経験豊富な筆者が集まりオムニバス形式でリアルな実体験を綴っています。