楽して儲けて何が悪い!絶対的楽なバイトの選び方!

楽して大儲けして一生遊んで暮らしたいですよねぇ。

まず、はっきりさせておかないといけないのは、「楽することは悪いことじゃない!」ってことです。

楽することに罪悪感があると、楽な仕事も楽でなくなります。

正々堂々と楽しましょう!

とはいっても、楽なバイトなんてあるの?

ここで、一つの疑問がわいてきませんか?

「楽って何だろう?」って疑問です。

例えば、筆者は美術館で監視員のバイトをしていた人を知っていますが、彼女はその仕事が苦痛でしょうがなかったといいます。

その理由は「眠気」です。

美術館で一日座っているだけの、本当に「楽」な仕事。

なのに彼女は二度とあのバイトをしたくないといっていました。

この話を読んでいる人の大半が、「美術館の監視員!楽そう~」と思ったでしょう。

でも、実際にやった人は、「やっぱ楽!」と思う人と「もう二度としたくない!」と思う人がいるということ。

どうやら「楽」なバイトは、人によって違うようです。

2chでも、意見はバラバラ。

2chで情報収集っていうのも、一概に馬鹿にはできません。

2chで情報を見るメリットは、何の制限もない意見が飛び交っていますから、真実も紛れているということ。

デメリットは、99%は使えないということ。

そんな2chでは、楽なバイトによく「コンビニ」が挙げられています。

反対に「絶対やるなってバイト」にも「コンビニ」が。

ちなみにコンビニバイト経験者の筆者は、「コンビニバイトは楽ではない」と思います。

「仕事が簡単で給料が多い」ってこと?

では、楽なバイトってどんなバイトなんでしょうか。

体験談などで話されている「楽なバイト」の意味は、どうやら「仕事が簡単で給料が多い」ということに限りなく近いように思われます。

仕事が簡単で給料が多いバイトでよく挙げられるのが、「パチンコ店員」「治験バイト」「データ入力」など。

これらの仕事は時給が高く、比較的簡単な仕事だといっていいようです。

ただし、高校生はできないものばかりですね。

高校生向きの「仕事が簡単で給料が多い」バイトは、ネカフェ店員、映画館バイト、コンビニなどが挙げられています。

これらに関しても、やはりみんながみんな「楽」なバイトだとは思っていなようで、批判的な意見も。

治験のバイトなどは、実際はバイトではなく「ボランティア」で、給料ではなく謝礼が渡されます。

病院内での自由時間が多く、読書やゲームなど、好きなことができるのが魅力。

それでも、投薬されるわけですから、身体への影響は心配。

神経質な人にはやはり「楽なバイト」ではないようです。

ネカフェスタッフでも、空き時間の多い店舗があるようで、受付で漫画を読んでいたなんて体験談もあります。

確かに、漫画を読んでいて収入になれば「楽」かも知れませんね。

ただ、店舗や時間帯によってはかなり忙しいこともあるようで、「楽なバイト」だとは思っていない人も。

パチンコ店員は比較的楽だという人が多いように思います。

これも、「ドル箱を運ぶ仕事のない店舗に限る」とか「タバコの匂いが気にならない人限定」、「音に耐えられない」など、「楽なバイト」だとは思っていない人もいるようです。

メリットのあるバイトって何?!

同じように、「メリットのあるアルバイト」もみんなが知りたいキーワード。

特に大学生などは、就活や将来にメリットになるバイトを探していることがあるようです。

メリットって何でしょうか。

特にこの場合、「仕事が簡単で給料が多い」というメリットとはまた違うような気がします。

「就活や将来に」ということであれば、社会的なビジネスマナーが学べるとか、社会人としての基本的なことが学べるということでしょうか。

あるいは「資格が取得できる」とか「「実務経験がつめる」といったことでしょうか。

ところが、「就職みらい研究所」の発表によると、就職活動の面接で企業が重視する項目に「アルバイト経験」は入っていないらしいのです。

企業が重視するのは、「どんなバイトをしたのか?」ではなく「バイトから何を学んだか?」だというのです。

また、おすすめのバイトとして「就職したい企業でバイトする」ということが就職活動には一番だということ。

企業は「バイト経験」ではなく「人柄やポテンシャル」を見ます。

そのため、そこで働いてみるのが一番わかってもらえるということだそうです。

バイトを選ぶうえで重要なのは「楽かどうか」じゃないらしい!

楽なバイトについて、「楽って何だろう?」という話から、メリットのあるバイトまで見てきました。

話はこじれる一方なので、いったん整理したいと思います。

一般的にいわれている「楽なバイト」は「仕事が簡単で給料が多いバイト」と同じような意味だということ。

それでも、人によって反対の答えを出すほど差があるということ。

就職活動では「バイト経験」は重要視されず、「何を学んだか」を問われるということ。

ここで、美術館の監視員だった知り合いのことを思い出してみましょう。

彼女は世間的に楽だといわれているバイトをして、「苦痛でしょうがない」といって辞めました。

その理由は何だったのでしょうか。

彼女は「毎日毎日眠くて眠くてしょうがなかった!」といいます。

ここに「楽なバイト」の本当の意味が込められているようです。

その方はビジュアル系バンドが大好きな人なんですが、もし彼女がビジュアル系バンドの関わるライブの設営スタッフのバイトをしていたら、おそらくどんなに暇でも「眠い」なんてことはないと思うんです。

それに、どんなにつらくても「苦痛」にも感じないと思うんです。

どうでしょうか。

芸術が好きで好きで仕方がない方が、美術館の監視員をしたらどうでしょう。

退屈で眠たいということがあるでしょうか。

美術館で働いていること自体に喜びを感じ、少しでもお客様に芸術を楽しんでもらいたいと思っているはずです。

どうやら、楽かどうかではなく、そのバイトを「好きか嫌いか」が重要なポイントになるようです。

好きなことして儲けよう!

楽なバイトの探し方。

楽なバイトというのは「相対的」なものです。

Aさんが楽だと思っても、Bさんはそうは思いません。

でも、自分が好きだと思う仕事は絶対的です。

だから、「好きな仕事をバイトにしなさい!」とすすめたい。

そういうと、「何が好きなのかがわかっていれば、こんなに苦労しない」という人もいるでしょう。

わかります。

でも、好きな歌手、好きな映画、好きなブランド、好きな食べ物、なんでもいいですが、なにか「はまっているもの」はあるでしょう?

「ハリーポッターがめっちゃ好き!」ならUSJで働きましょう!

「甘いものが大好き!」ならケーキ屋さんで働きましょう!

「猫が好きでたまらない!」ならペットショップで働きましょう!

本が好きなら本屋さんでもいいし、魚が好きなら漁師でもいい!

求人が出てなくても問い合わせくらいはしてみましょう。

実際にやってみて、嫌なことを経験するのも勉強です。

そのせいで嫌いになるかも知れません。

それでも、どうせやるならやりたいことやりましょう!

本当に好きなことをやるのがポイントです。

好きすぎてその場所にいるだけでワクワクするようなバイトです。

レース好きが鈴鹿サーキットでバイトするとか、ガンダム好きがバンダイでバイトするようなものです。

その方が、仕事中の不平不満も減り、小さなことからも大きく学び、楽しい一日を送ることができるのです。

仕事の醍醐味はさらに上の境地にある?!

さぁ、楽なバイトをすすめるつもりでしたが、話は意外な方向へ進んできました。

楽なバイトには、人によって差があることはわかりました。

だから、「楽なバイトじゃなくて好きなバイトをしようじゃないか!」というのが筆者のおすすめです。

自分が好きなだけで終わってはいけない。

自分が好きなだけでなく、お客様にも好きになってもらいましょう。

自分がイキイキワクワク仕事をしていることが前提ですが、そのイキイキワクワクを、お客様にも伝えてあげてください。

「人を喜ばせることができる」「人の役に立つことができる」

それが仕事の醍醐味です!

そしてこれが、絶対的「楽なバイト」だと思うんですよね。

 

-----------筆者プロフィール-----------------------------------------------------------------------------------

f:id:pasem:20171011165044j:plain

ハンドルネーム:天笠 多菜葉

バイト経験

郵便配達|新聞配達|農場で牛の世話|お祭りの的屋|引越し作業|歩道のタイル敷|ポスティング|チラシ配り|整骨院助手 スーパー銭湯受付|コンビニ|工場の夜勤|事務所移転作業|イベントスタッフ|大学の学園祭の雑務|足つぼマッサージ|ボディケア ホスト|警備員|佐川急便の仕分け|選挙のポスター貼り|球場の売り子|その他

休日は京都でまったり。

寺社巡り、パワースポットが大好き!

昔から霊感強くて幽霊見えます!臨死体験も!

映画鑑賞が趣味で、今は海外ドラマ「メンタリスト」「スーパーガール」にはまってます。

アルバイト経験の多さの秘密は、短期バイトと掛け持ち。

今は鍼灸師として患者様を診ています!

催眠療法士としても活躍中。 将来の夢は小説家です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

当ブログではアルバイト経験豊富な筆者が集まりオムニバス形式でリアルな実体験を綴っています。