バーテンダーのバイトはきついの?それとも楽勝?

学生時代にバーテンダーのバイトを4年間続けた経験者がお届します。

みなさんはバーテンダーといえばどのような職業を想像されますか?蝶ネクタイをしてお客様を紳士的におもてなしするイメージでしょうか?それとも、カクテルシェーカーをカッコ良くふって美味しいカクテルを作るイメージでしょうか?

バーテンダーの仕事で一番大切なことは、お客様を気持ち良くおもてなしすることです。

そのためには店内の入念なお掃除はもちろんのこと、お客様との適度な距離を保った会話のテクニックなどが重要になります。

バーテンダーのバイトで一番難しいのは、お客様との人間関係です。

ポイントさえつかんでいれば、けっして難しいバイトではありません。

今回は、執筆者の経験などを交えながら、上手にバーテンダーのバイトを続けるコツについて解説します。

バーテンダーのバイトを始めるには?

バーテンダーのバイト求人は豊富にあります。

しかし、本当にバーテンダーの仕事が勉強できる本物のバーの求人は意外に少ないようです。

バーとは名ばかりで居酒屋を兼ねたようなお店や、ダーツバーのような業態など、さまざまです。

シックで落ち着きのある、本物のバーでバーテンダーのバイトをしたいのであれば、直接お店の貼り紙などを見て応募することをおすすめします。

私の場合は、学生時代に良い感じの街並みで偶然見つけたバーを直接訪問して、バイトの募集はしていないか聞き、ちょうど学生バイトが欲しいと思っていたというマスターに出会えたわけです。

運が良かったというのもありますが、とにかく探してみようという行動力が何よりも大切です。

その時、行動力が一番大切だと、つくづく実感させられました。

バイトの情報誌を見て探すのも良いですが、自分の足で歩いて探してみましょう。

意外に見つかるものですよ。

だまされたと思ってやってみてください。

人間関係がウザイ?窮屈だと思ったら?神経衰弱になって辞めてしまったバーテンダーのこと

バーテンダーのバイトは、自分も含めてなのですが、人付き合いの苦手な人や、メンタル面の弱い人はかなり苦労します。

すべては考えようなのですが、上手に自分の気持ちをコントロールできない人は長続きしません。

ある時、一緒にカウンターに立っていた先輩のバーテンダーが行方不明になったことがあります。

前日まで普通に常連のお客様とにこやかに会話して、冗談を飛ばしていた明るいバーテンダーだったのですが、いきなりマスターに辞めると電話連絡を入れたまま、二度と店に出ることはありませんでした。

神経衰弱で医者にかかり、毎日大量の薬を飲んで頑張っていたのだという話を後からマスターから聞き、相当無理をして常連のお客様と会話していたんだなと。

常連のお客様と楽しそうに会話していたけれど、実はウザイと思っていた?常連客が多くて窮屈で息苦しくて、たまらなかたのでしょう。

窮屈な気持ちになるのも無理はありません。

お客様の入りが生活に直結しているのですから。

しかし、そこはうまく気持ちをコントロールすることで、乗り越えられるはずです。

バーテンダーのバイトをする場合は、「別にこの店にしがみつかなくても、いやになったらいつでも辞められる…」それくらいの、スタンスで働き方がちょうど良いのかもしれません。

バーのオーナーや専属のバーテンダーとなると、そうもいかないのでしょうが。

バーテンダーのバイトを上手に続けるコツ!仕事は少しずつ覚えれば良い

f:id:pasem:20171010160245p:plain

バーテンダーのバイトは、先述の通り人付き合いが得意な人に向いています。

しかし、絶対に人付き合いが得意である必要はありません

また、お酒の知識も豊富であることに越したことはありませんが、仕事をしながら少しずつ覚えたら良いのだと思います。

学生のバイトであれば、お客様と会話をしながら、お客様から教えてもらうことも、話のきっかけなるのでおすすめです。

最低限のルールとして遅刻をしないことや、開店前や閉店後の掃除など、教えられたことをきちんと守ることが、長く安定して働く上で大切です。

また、自分の気持ちを上手にコントロールすることも大きなポイントになります。

例えば、常連のお客様がウザイと感じるようになる、店が窮屈だと感じるようになる、そのような時には、気持ちを上手に切り替えて、発想を転換させるようにしましょう。

上手に気持ちを切り替える方法を伝授しましょう。

休日に海や山などの自然に包まれた環境に身を置いて、広大な光景を心に刻みつけるようにします。

そして、バーテンダーのバイトをしていて、窮屈だと思ったら、その光景を思い浮かべてみてください、それだけで気分転換になります。

旅行やドライブなどもおすすめです。

広い河川敷公園や緑に包まれた公園などでジョギングすることも、良い気分転換になりますよ。

ちょうど、額に入った絵画を壁に飾って眺める要領です。

心の隅に広大な風景を額に入れて飾り、窮屈になったら眺めて気分転換をする。

バーテンダーのバイトはお客様との距離感が重要!

バーテンダーのバイトで注意しなくてはいけないことは、お客様と適度な距離を保つことです。

お客様のプライバシーに立ち入ってはいけません。

楽しくお話しすることは大切ですが、あくまでもバーテンダーとお客様との会話にとどめておくことが重要です。

バーテンダーのバイトをしていた頃、こんなことがありました。

その日はマスターの体調がすぐれず、21時から24時の閉店まで一人で店を任せられたことがあります。

24時ちょっと前に店じまいをしようとしていたら、真っ赤なセーターを着た美女が「まだ、いいですか?」と言ってドアを開けました。

その女性は近所に住んでいて、仕事の関係でよく映画を観るらしく、話題の映画をすべて観ているようでした。

その後、女性は深夜にひょっこりと立ち寄る常連客になり、某大手新聞社の映画欄を担当する記者だということがわかりました。

新聞社の記者としてではなく、あくまでも一人の常連客として来店され、映画の話しで盛り上がり、私は聞き役に徹しました。

おかげでその頃の映画はすべて解説できるほど詳しくなりました。

しかし、あくまでも深夜にやってきて映画の話しをする常連客とバーテンダーの関係です。

有名なお笑い芸人や有力や政治家が深夜にひょっこり立ち寄ることもありました。

お客様とバーテンダーの関係性が維持できているからこそ、相手のお客様も気軽に立ち寄って息抜きができるのです。

余談ですが、名優、H.Oさんもそのバーの常連客でした。いつもキャップを目深にかぶり、カウンターの隅の指定席で、ウイスキーを1、2杯飲んでさっとお帰りになられました。

それだけです、立ち入った話はしない、こちらも聞かない、それで良いのだと思います。

何度も言いますが、バーテンダーのバイトは、お役様との距離を適度に維持して、上手な関係性を保つことが、最も大切です。

まとめ

バーテンダーのバイトについて、どうやって仕事を見つけたら良いのか、長く続けるコツなどについて解説してきました。

働く上で大切なことは、お客様との適度な距離を保つこと、自分の気持ちを上手にコントロールすることだということが、わかっていただけたのではないでしょうか。

バーテンダーのバイトは、さまざまな人の人生が垣間見える面白い仕事です。

その反面、先述したように神経衰弱に陥る人もいる厳しい仕事です。

今回の記事を参考にして自分の気持ちを上手にコントロールするようにしてください。

スイーツ好きにオススメ!ケーキ屋バイトでスイーツに囲まれた生活をする

ケーキ屋はスイーツ好きの人には天国のような場所です。

お店の入り口を入ると、オーブンからふんわりと甘い香りが漂ってきます。

店の中にはケーキや焼き菓子、チョコレートなど。

見ているだけでも幸せな気持ちになりますよね。

筆者の知っている昔のケーキ屋さんは、私服の上にお店のエプロンをかけるイメージが強いのですが、今のケーキ屋さんは制服もおしゃれです。

かわいい制服に身を包んで美味しいケーキを販売するケーキ屋さんは、子供でも憧れる仕事です。

そんなケーキ屋さんでバイトをしてみたいとお考えの方。

ショーケースの前で、かわいい制服に身を包んだ店員さんが、実際にどんな風に仕事をしているのか知りたくありませんか?

筆者は以前、ショッピングモールに入るチェーン店のケーキ屋バイトを経験しました。

そんな筆者の経験談も交え、ケーキ屋バイトについて、詳しく解説していきたいと思います。

ケーキ屋にはどんなお店があるのか

一口にケーキ屋と言っても色々あります。

小規模な個人経営の店か、大規模なチェーン店か。

小規模な個人経営の店は、お店と工房が併設したこじんまりとした店舗を構えていることが一般的です。

働いている人数も多くありません。

大規模なチェーン店になると、全国展開しているチェーン店や、地元の地域のみで数件を構えるチェーン店もあります。

お店と商品を売る工場が別になっていることが多く、商品数も多いため、働いている人も沢山います。

チェーン店になると、路面店で店を構える場合もあれば、駅ビルやショッピングモールなどでテナント営業しているお店があり、どのお店で働くかによって仕事の内容も変わってきます。

ケーキ屋のバイトってどんな事をするの?

ケーキ屋さんのバイトは具体的にどのような仕事をするのでしょうか。

大きく分けて「販売スタッフ」と「製造スタッフ」の2つの仕事があります。

販売スタッフは主にお店での接客や商品の陳列、レジ打ち、店内清掃を担当します。

接客の際にはカウンターで商品の箱詰めやラッピングもします。

製造スタッフはケーキなど販売するスイーツ作りを担当します。

スイーツ作りと言っても、工房で生地から焼き上げまで一連の作業を担当する場合もあれば、工場で簡単なトッピングや袋詰めなどライン生産での単純作業を担当する場合もあります。

この違いは働くケーキ屋の規模の違いによって変わり、個人経営の場合は、販売するエリアと工房が一体化している店舗になるので、一連の作業に携われることが多く、チェーン店になると店舗とは別の場所に工場を持っていたり、社員も沢山いるので、バイトは単純な作業のみになります。

ケーキ屋によって担当する仕事が違うこともあるので、自分が何を一番したいのかをはっきりさせて、ケーキ屋の求人を探す必要があります。

バイト経験者が思うケーキ屋バイトの魅力

f:id:pasem:20171010160608p:plain

ケーキ屋でバイトすることにどんなメリットがあるのでしょうか。

バイト経験もある筆者の考えのもと、バイト仲間の意見も思い出しつつ紹介していきます。

まず第一のメリット、はラッピングのスキルや、お菓子作りのスキルが見につくことです。

ラッピングの技術を教わる場所は意外とありません。

本も売っていますが、本の解説では理解しにくいところも沢山あります。

実際のお店では実践あるのみです。

慣れるまでは大変ですが、働いていくうちにどんどんスキルが上がります。

最初に包装の仕方やコツを教えてもらえるので、コツさえつかめばラッピングはとても簡単です。

筆者はこの時に教えてもらったラッピングのスキルを活かし、友人へのプレゼント類は自分でラッピングします。お店のラッピングと違い、プレゼントによりオリジナル性が生まれるからです。

お菓子作りにしても同じです。

身近にお菓子の専門家パティシエの技術を見ることができるので、どんなお菓子教室よりも勉強になるでしょう。

次に感じたメリットは最新のスイーツをいち早く知ることができることです。

製造スタッフに限らず、接客もお客様から味を聞かれることが多いため、新商品や定番のスイーツを試食できます。

工房と併設している店舗だと、焼きたて・出来立てを試食出来ることも。

筆者がケーキ屋バイトをしていたころは、売れ残りが目当てだと言う人も多かったのですが、最近では衛生上の問題から、売れ残りは何でももらえると言うことではないようです。

試食して、売れ残りのスイーツをもらって・・・と考えると、ケーキ屋のバイトは太るのではと心配する人もいるでしょう。

しかし、様々な原材料が値上がりしている現在では、太るほど試食したり、売れ残りをもらえたりもせず、立ち仕事で仕事中にカロリーも消費しているので、それほど太る心配はいりません。

あと個人的に感じた魅力ですが、ケーキ屋バイトは季節感を感じられます。

ケーキー屋には定番の商品もありますが、季節限定のものも多くあります。

季節によってディスプレイや店内装飾も変わるので、お店の中にいながら四季を感じることができます。

ケーキ屋のバイト、きついって聞くけど本当はどうなの?

「ケーキ屋」「バイト」で検索すると「きつい」というワードも出てきます。

どんなところが大変なのでしょうか。

一番大変だと思うのはイベントの時期の忙しさです。

バレンタイン、ホワイトデー、ひな祭りなど、多くの人がケーキを買うタイミングは年に何回かあります。

その中でも一番大変なクリスマスの時期は目が回るような忙しさです。

当日だけでなく、注文受付が混み合う1カ月前くらいから当日まではかなり忙しく、バイトでもあまり休みがとれません。

バイトであれ、クリスマスはのんびりお祝いできないと覚悟しておいた方がいいと思います。

ケーキ屋のバイトに向いている人はどんな人か

ケーキが好き。

それだけではケーキ屋のバイトは勤まりません。

どのような人がケーキ屋のバイトに向いているのでしょうか。

まず第一にケーキなどスイーツが好きな人。

好きでないものを売ったり作ったりするのは苦痛以外の何物でもありません。

働いていても楽しくないはずです。

次に笑顔で接客出来る人。

販売スタッフはもちろんですが、製造スタッフも繁忙期には販売の補助に入る事もあるので、笑顔で接客できることは必要です。

あとは丁寧に作業が出来る人。

商品を作る製造スタッフはもちろんのこと、ラッピングや箱詰めをする販売スタッフも丁寧に作業できることが求められます。

販売スタッフの場合、接客の順番がわかりづらいので、店内全体の様子を把握し、細かい気遣いが出来る人が向いています。

筆者は販売スタッフのバイトをしていた時、ちょっと気を抜いている間にお客様の順番を間違え、注意を受けたことがあります。

そのことがあってからは、たとえお客様が数人でも注意深く店内の様子に気を配るようになりました。

まとめ

ケーキ屋バイトについて、筆者の体験も踏まえて解説してきました。

繁忙期の忙しさだったり、接客に対する気遣いは大変かもしれませんが、毎日美味しそうなスイーツに囲まれて仕事が出来ることは幸せですよね。

ケーキ屋のバイトはケーキ作りの腕を上げたり、接客やラッピングのスキルも身につくやりがいのある仕事です。

興味のある人はタウンワークやマイナビバイトで「ケーキ屋」「バイト」で検索してみてください!

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

長野県在住で専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。
・クリーニング店・弁当屋・歩行量調査・理髪店・ショッピングビルのイベント・書店・ケーキ屋・花屋・税務署
・コールセンター・DMの発送・保険会社事務・ポスティング・子供服販売などなど

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。
動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

春休みの短期に働きたい大学生や主婦にもおすすめ!税務署のバイトとは?

ちょっとお堅いイメージで、一部の人にしか縁のなさそうな税務署。

国家公務員で公務員資格のある人しか働けないと思っていませんか?

税金で成り立っている税務署にもアルバイトがいるのをご存知でしょうか。

バイトとはいえ、他のバイトとは違い何だか安定しているようにさえ感じてしまいます。

そんな税務署には春休みの短期で働きたい大学生や、通年の日中を使って働きたい主婦におススメのバイトがあります。

税務署でのバイト経験のある筆者が、あまり知られていない税務署のバイトの実情を解説したいと思います。

税務署のバイトが担当する仕事内容とは

お堅いイメージのある税務署だけに、バイトも難しいことをするのではないかと思うかもしれません。

実際に税務署でバイトをすると、どのような仕事をするのでしょうか。

仕事の内容は配属先の部門によって異なります。

大きく分けると「税務署内の事務作業」と「確定申告に関する案内・入力補助」の2つです。

<税務署内の事務作業>

事務作業と言っても部署によって様々な業務があります。

受付での来客対応や電話の取り次ぎ、データのPC入力や資料の整理などです。

確定申告のように、次から次へと来客があるわけではないので、与えられた仕事を黙々とこなすだけです。

昼食もゆっくり食べる時間はあるし、昼食意外にお茶を飲む休憩まであります。

筆者は休憩はなくても大丈夫だと言ったら、「休憩したくなくても決まりだから休んでくれ」と言われました。

残業も少なく、ほぼ時間通りに帰ることができます。

これらは年間通しての仕事になるので、通年での募集があり、土日祝日休みで時間もきっちり決まっているので主婦に人気がありますが、条件の良さからなかなか新しい求人が出ないのも特徴です。

実際にバイトしている人も何年も勤めるベテラン主婦が多いです。

<確定申告に関する案内・入力補助>

確定申告の時期には税務署はかなり混み合います。

確定申告を提出に来た人、問い合わせをする人、その場でパソコンから入力作業を済ませる人。

様々な人がひっきりなしに来るので、その人たちを案内し、また税務署のパソコンで申告の入力をする人たちの補助をします。

お昼なども時間を問わず来客があるため、お昼なども慌ただしく、ゆっくり食べられない日も時々あります。

また立ちっぱなしなので大変ですが、毎日忙しいのであっと言う間に時間が過ぎます。

確定申告は時期が決まっているため、短期でのバイト募集になり、春休みでバイトしたい大学生にぴったりの仕事です。

確定申告の事を全く知らなくても、最初は職員の人から説明を受けます。

仕事中にわからないことがあっても、すぐに職員の人が対応してくれるので心配もありません。

繁忙期のバイトだけに忙しくて大変ですが、確定申告についての知識が身に付くので、今まで関係ないと思っていた確定申告が身近になるかもしれません。

税務署バイトの応募が多い年齢層

筆者は繁忙期の確定申告のバイト募集のタイミングで応募しましたが、圧倒的に大学生が多かったです。

大学生でも最寄りの国立大学の学生が大半を占めていました。

おそらく大学に募集も出ていて、春休みを使ってバイトできるので条件的にもぴったりだったからだと思います。

その他の2~3割りは主婦だったり、独身の公務員の臨時職員希望の女性もいました。

高校生もバイトできないわけではありません。

ただ確定申告で人手が足りないのは1月~3月。

春休みの長い大学生はこの期間でバイトできますが、高校生は春休みが短く、あまりシフトにも入れないため、筆者がバイトしていた時には1人もいませんでした。

大学生はほぼ確定申告の案内やパソコン入力を担当します。

その他の人は確定申告を担当する人もいれば、通年でバイトする事務作業の業務に当たる場合もあります。

筆者は確定申告の案内を覚悟していたのですが、事務作業の担当になりました。

偶然バイトに来ていた友人は確定申告の担当になり、毎日かなり忙しいと言っていました。

税務署でバイトするときの注意点(服装などの身だしなみ)

バイトであっても税務署にくる人から見れば職員と同様です。

どのようなことに注意してバイトをしたら良いのでしょうか。

まずは服装です。

税務署に来る人は年配も多いので、派手な服装はあまり好まれません。

スーツまで着る必要はありませんが、清潔感のあるカジュアルすぎない服装が良いでしょう。

また派手なメイクやだらしのない髪型など、不快感を与える身だしなみなNGです。

筆者が税務署でバイトをする際、面談をした税務署員が偶然知り合いでした。

志望動機や勤務についての面談もありましたが、服装や身だしなみについてチェックされていることをヒシヒシと感じたので服装は大切か聞いてみたところ、来客にとってはバイトも職員も税務署で働いている人には変わりないから服装や身だしなみについては厳しいとの事でした。

大学生が多いので、社会人並みまでは服装については求められませんが、学生気分を丸出しにしたような服装や、個性的な服装は遠慮した方がいいです。

税務署のバイトのいいところ・大変なところ

普段から税務署に行くような仕事をしている人は関係ないかもしれませんが、いままで縁のなかった人にとっては驚くことばかりです。

確定申告については、大まかな流れがわかるだけでなく、パソコンで入力して申告する知識についてはかなり詳しくなるそうです。

最初は職員の人に聞くことばかりでも、来客対応で教えたり、質問を受けたりしているうちに気付けばかなりの申告通になります。

来客応対をすればするほど自分の知識も増えるので、やりがいもあります。

事務作業の部署は、あまり負担のある仕事を押し付けられいので、精神的にとても楽です。

バイトによっては社員並みの仕事をするところもありますが、税務署のバイトはあくまで職員の補助。

時間内に出来る仕事をこなしていく感じです。

税務署のバイトで大変なのは、やはり確定申告の忙しさでしょう。

次から次へと申告する人がきて、一日があっという間です。

その忙しさだけ乗り切れば、無事に税務署のバイトをこなせると思います。

バイトしてわかった意外な事

税務署でバイトしてみてわかった意外なことがあります。

それは税務職員の婚活です。

税務署に来る人は若い女性が少なく、出会いのチャンスがあまりありません。

職場でも女性が少なく、新卒で入ってきた人もすぐに署内の人と結婚してしまうようです。

そのため、公務員とは言えども独身者が意外と多いのです。

そこで、バイトにくる若い女性に眼を付けるのです。

そのため、結婚していない若い女性のバイトにはすぐ飲み会の話が来ます。

親切に誰が独身だ、なんて情報を流しに来る人もいました。

筆者はこの時すでに結婚していたので、飲み会は遠慮しましたが、国家公務員と結婚できるかもしれないなら、もう少し早くバイトするべきだったと思いました。

これは職員だけではなく、女性側も相手探しにくる人もいるようです。

毎年、バイトも終盤になるころには、若い男性職員とかわいい女子学生のカップルが数組出来たという情報を耳にしました。

まとめ

税務署のバイトは部署によって忙しさや期間が変わります。

忙しくても春休みのタイミングだけ働きたい人、通年で働きたい人、それぞれの目的に合わせて応募を検索してみてください。

また筆者が思ったように、公務員との婚活をするにはとてもいい場所だと思います。

仕事している様子も見られるし、同僚からの信頼度も確認できます。

お見合いパーティーに行ったり、相談所に登録していなくても独身の国家公務員がより取り見取りです。

税務署でのバイトはハローワークをはじめ、タウンワークやアルバイトEXで検索してみてください!
 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

長野県在住で専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。
・クリーニング店・弁当屋・歩行量調査・理髪店・ショッピングビルのイベント・書店・ケーキ屋・花屋・税務署
・コールセンター・DMの発送・保険会社事務・ポスティング・子供服販売などなど

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。
動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

当ブログではアルバイト経験豊富な筆者が集まりオムニバス形式でリアルな実体験を綴っています。